FC2ブログ
公共交通を考える会
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先日、本会役員らがJR有楽町駅を利用。その際、国際フォーラム口(無人口)から出場しようとしたところ、有人口での処理が必要となる乗車券類だったため、反対側にある京橋口(有人口)へ。

有楽町駅構内図

京橋口で所定の処理をして頂き、国際フォーラム口での出場をしたいと申し出ました。対応した営業係は、「国際フォーラム口からは出られないのでこちらから出場してください」とのこと。何故、国際フォーラム口から出られないのかと尋ねると、「京橋口で処理をしたのでここから出ないといけない」ということでした。周りには精算や案内のために並んでいる旅客が多数。これ以上の話は周りの迷惑だと思い、一旦出場。用事を済ませた後、再度有楽町駅へ。

有楽町駅事務室は、京橋口近くの扉を開けて通路奥深く。事務室の扉を叩くと、営業係が対応。上席を出すように依頼すると、中々呼んでこない。当務駅長を呼ぶように改めて依頼すると、奥から内勤助役が出てきました。彼は今日の有楽町駅の責任者だといいます。

内勤助役と話している間、平成29年度有楽町駅目標というものが目につきました。『お客様サービス向上』など、栄駅(名古屋市交通局名城線北部駅務区栄管区)などにもあった有り触れた行動目標。内勤助役に精機の運賃を支払った旅客が任意の改札口が出場出来ないというのは、行動目標に反するのでは無いかというと具体的な反論は来ず。また旅客営業規則等でJR側が出場口を決めることが出来るのかと尋ねると、そういった規則類は無いとのこと。今回の出場口でのご意見は、支社に上げるとテンプレート回答。対応した内勤助役は元々、東京支社におられたとのこと。

最後に名刺交換を求めたところ、名刺を切らしているとのこと。これは過去に江戸川区や都庁でもありました。行政職員もそうですが、駅の内勤助役ともなれば他の商業施設や他鉄道との折衝もあるでしょう。そういった職責にある助役が名刺を切らしているというのは非常に不可解です。名刺が無いのなら、紙に名刺代わりに氏名・所属・役職・電話番号を記すように依頼。はっきりいって、名刺が無い(切らしている)と返された場合は紙に書かせます。素直に出した方がいいということを理解して頂かなければですね。

S__4153346.jpg

上記の紙切れが、名刺の代わりに頂いたものです。JR東日本は、駅の電話番号を公開していません。電話等の問い合わせについては専用のセクションを設けているわけです。ところが、この内勤助役は何かあればこちらにと番号を記載してくれています。この辺りは評価出来ます。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:都市計画・まちづくり - ジャンル:政治・経済

【2017/09/22 09:04】 | 活動報告
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。